ドラマ

私たちはどうかしているは昼ドラみたい?口コミ感想や演出から検証

横浜流星さんと浜辺美波さんのW主演のドラマ『私たちはどうかしている』は、横浜流星さんと浜辺美波さんがとてもお似合いでカップル感がすごいということと、毎回のキスシーン登場で悶絶級が話題です!

口コミを見ていると「昭和感がすごい」「昼ドラ見てるみたい」という声が多かったので、調査してみることにしました。

今回は私たちはどうかしているは昼ドラみたい?口コミ感想や演出から検証というタイトルでご紹介していきます。

 

私たちはどうかしているの犯人が誰か考察してみた!原作ネタバレは?第1話からドロッドロなストーリー展開で”大映ドラマみたい”や”あなたの番ですの再来”と言われている『私たちはどうかしている(わたどう)』...
横浜流星と浜辺美波がお似合い!キスシーンが美しいと話題も『私たちはどうかしている(わたどう)』でW主演を務めている俳優の横浜流星さんと女優の浜辺美波さんがとってもお似合いだと話題ですね!! ...
浜辺美波の演技は上手?下手?口コミ評価や過去の作品で検証してみた女優の浜辺美波さんは、横浜流星さんとW主演で出演している『私たちはどうかしている』や映画『思い、思われ、ふり、ふられ』にも出演していて、...

設定や演出が昼ドラみたい?

『私たちはどうかしている』では「昼ドラみたい」と言われていますが、設定や演出から感じるものかと考えられます。

【昼ドラを感じる設定や演出】

嫁と姑、ドロドロ感

特にこの2つの要素が昼ドラ感を出しているのでしょう。

嫁と姑

『私たちはどうかしている』では、浜辺美波演じる七桜が観月ありささん演じる姑(女将)の今日子にいびられています。

観月ありささんの黒い役どころはかなり新鮮ですが、とても高評価を得ています!

・七桜に花瓶の水をぶっかける

・七桜の大切な荷物を池に投げ入れる

・七桜が作った和菓子を食紅で真っ赤にし、得意先への印象をぶち壊す

・七桜を自分の部屋に呼び、赤い椿の絵が描かれた着物を羽織らせ怯えさせる

・職人にお金でスパイをやらせている

今の時代ではあまり考えられないくらいあからさまないびりっぷりを見せています。

水をぶっかけたり、大切な荷物を池に投げ入れる大胆さや、自分の息子を守るために手段や方法を選ばないという行動が”昼ドラに出てくる姑”感抜群ですね!

また、今日子は自室でよくわらべうたを歌っているのですが、その様子もまた雰囲気が出ていて怖いです(笑)

これからも姑・今日子の大胆であからさまな”昼ドラ感満載”ないびりっぷりが、逆に楽しみですね!

ドロドロ感

椿と七桜の関係、姑、怪しい人物からの邪魔など”ドロドロ感”が昼ドラの雰囲気を一層高めていますね!

・椿と七桜がどんどん惹かれ合っていく様子

・二人の関係を邪魔する姑の今日子

・椿が跡取りと認めない大旦那の宗寿郎

・今日子からお金を受け取り怪しい行動をする見習い職人の城島

・椿にフラれたの許嫁の栞

軸となっているのがW主役の椿と七桜ですが、好きにはならないはずだった二人がどんどん惹かれ合うところに邪魔をする人物が姑の今日子や大旦那の宗寿郎です。

また、これから真の姿が見えていくだろう城島や、椿にフラれた栞の存在もドロドロ演出が期待されます。

ドロドロ感が楽しみという方やドロドロもありキュンキュンするのが楽しみという口コミが見られました!

初回放送から見ていなかったのに、見逃し配信で見てみたら面白かったという口コミも多くありました!

まだ見ていないという方はぜひ見てみてくださいね♪

 

まとめ

今回は私たちはどうかしているは昼ドラみたい?口コミ感想や演出から検証というタイトルでご紹介していきました!

横浜流星さんと浜辺美波さんのW主演で話題となっているドラマ『私たちはどうかしている』は演出や設定が昼ドラ感を出しているということが分かりました!

特に、嫁と姑関係や登場人物関係によるドロドロ感が、昭和や昼ドラの雰囲気を醸し出していますね。

最終回が2時間SPということも決まり、さらに人気が高まることが期待されます♪

これからも昼ドラのようなドロドロ感を楽しみましょう!

ABOUT ME
Akiko
気になるトレンドネタを配信しています♪