ドラマ

イケメン若手俳優・岡田健史ってどんな人?博多弁が可愛すぎと話題に!

今大ブレイク中の若手俳優といえば、吉沢亮さん、山崎賢人さん、横浜流星さんなど、まさにイケメン揃いですよね。
今、彼らに負けず劣らずの超イケメン俳優として、ブレイク間近と言われているのが岡田健史(おかだ けんし)さんです!

まだ若い彼ですが、演技のポテンシャルはとても高く、また時折見せる方言がとても可愛らしいという噂もあります。
果たしてどんな人物なんでしょうか?その裏側にも迫っていきたいと思います。

1 岡田健史のプロフィールは?

まずは、岡田さんの簡単なプロフィールをご紹介します。

岡田 健史(おかだ けんし)
1999年5月12日生まれ(21歳)
福岡県出身。

2018年にドラマ「中学聖日記」で主演の有村架純の相手役としてデビュー。
その後、映画や連続ドラマ等に出演。

まるで少女漫画から出てきたかのような、目鼻立ちの整ったお顔が特徴です。
デビュー作でいきなり有村架純さんの相手役というのはすごいですね!
ちなみにそれまでは普通の高校生で、強豪校の野球部員としてキャッチャーをやっていたそうです。
俳優としては2年ほど活動されているということで、年齢も21歳とまだまだお若いですね。

2 代表的な出演作品

代表的な作品としてはやはりデビュー作でもある「中学聖日記」が挙げられます。
初出演ながら強い印象を残し、「あの子誰!?」と気になった方も多いでしょう。
その他にも、福岡放送開局50周年記念のスペシャルドラマ「博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?」や、
「あなたのことはそれほど」などのいくえみ綾原作の「いとしのニーナ」などで主演を務めています。

また、来年2021年には大河ドラマ「青天を衝け」で尾高平九郎という武士の役で出演することが決まっています。
今後のご活躍もとても楽しみですね。

3 岡田健史の顔だけじゃない魅力3つ

「イケメン」という印象が強い岡田さんですが、イケメンだけではない魅力もたっぷり詰まっています!
今回はその中から厳選して3つをご紹介していきます。

1 演技力が素晴らしい

まずは、役者の本分である演技力がとても豊かであるということです!
出演作品はまだ少ないながらも、一つ一つの作品では「なくてはならない」存在感を存分に醸し出しています。

デビュー作「中学聖日記」では、主人公である女性教師にまっすぐに思いをぶつける男子中学生役を、2020年の連続ドラマ「MIU404」では刑事局長の息子として、親の七光りによる扱いに悩む警察官役を演じられています。
どの役も難しい役柄ですが、とても自然に演じこなされていて素晴らしいですね!

2 方言がとってもキュート

岡田さんといえば福岡県出身ということで、時折披露する博多弁がとても可愛らしいのも話題です。
MIU404」でも福岡県出身の警察官役ということで、お酒に酔ったり感情的になったりするととっさに博多弁が出るというシーンがありました。
ネット上でもファンたちはそのたびに悶絶していたとか!

これからの出演作などでも博多弁の役が見られたら嬉しいですね。

3 インスタがおしゃれすぎる

岡田さんは公式SNSとしてインスタグラムのアカウントを開設されていますが、これが今どきの若者という感じでとても「映え」しているんです。
そこには岡田さん自身のカッコいい写真だけでなく、自身が描いたと思われる個性的な絵や共演者を撮った写真を投稿されていて、とても見ごたえがあります。

なんとなく気になってたけどちゃんと知らない、という人はフォローしてみるといいと思います!

4 最後に

ネクストブレイク必至のイケメン若手俳優・岡田健史さんについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
今後ますます彼の活躍から目が離せませんね。
気になった方は、Instagramのアカウントや、過去の出演作を各種配信サイトでぜひチェックしてみてください!

ABOUT ME
Akiko
気になるトレンドネタを配信しています♪