USJ

ハリポタオタクが選ぶ、USJで絶対買うべきお土産5選

皆さんは、USJユニバーサルスタジオジャパン)のハリー・ポッターエリアウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」に行ったことはありますか?

ホグワーツ城をはじめ立派な建築物から、ド迫力のアトラクション、魔法界からそのまま飛び出してきたかのようなクルーたち・・・。
ハリポタファンなら大興奮ですよね。

そして欠かせないのがお土産の買い物。

今日は原作も映画もすべて観つくした生粋のハリポタオタクである私が厳選した、オススメのUSJのハリポタお土産をご紹介します。
自分へのお土産や、友達や家族へのお土産選びの参考になれば嬉しいです。

 

1 USJのハリポタおすすめお土産5選

早速ですが、おすすめのお土産をどんどん紹介していきます!

1 百味ビーンズ

世界観再現・面白さともに満点の百味ビーンズ。
ゲロ味・せっけん味・鼻くそ味・ミミズ味など、インパクトのある味が盛りだくさんです。
もちろん、青りんご味や綿菓子味など、普通に美味しい味もあるので安心してください!

自分用にというよりは、友達や家族など大勢でシェアするとワイワイできて楽しいでしょう。

2 マジカル・ワンド

これは、ハリーたちが持っている魔法の杖を模したアイテムです。
4,900円と値段は少し高めですが、この杖1本で「ハリー・ポッター」の世界観に浸れるだけでなく、「ワンドマジック」というアトラクションにも使えるんです。

このアトラクションは、この「マジカル・ワンド」を持っている人だけが楽しめるアトラクションとなっています。
エリア内の壁や通りなどで呪文を唱えながら杖を振ってみると、雪を降らせたり、風を吹かせたり、物を浮かせたりすることができます。
子供だましと侮ってはいけません。
ちゃんと呪文や杖の振り方によって、その効果の現れ方も変わるんです!

これはハリポタファンならエリアを楽しむうえで絶対に欠かせないアイテムとなっています。

3 伸び耳

伸び耳といえば、ロンの兄である双子のフレッドとジョージが開発した、長い線がついていて遠くの音まで聞こえる耳。
不死鳥の騎士団の会議に参加させてもらえなかったハリーたちが、これを使って大人たちの話を盗み聞きしていましたよね。
なんとこんなアイテムまでお土産化されているんです!

「ゾンコのいたずら専門店」に置いてある「伸び耳」は、原作同様長いひもの先に耳がついていて、少し離れた場所の音も聞くことができます。
使うときはあくまでいたずら程度にとどめておいてくださいね(笑)

4 ローブ

ハリポタが好きな人であれば、だれでも一度は袖を通してみたくなるのがホグワーツのローブ。
USJではハリー達のグリフィンドールだけでなく、すべての寮のローブが揃います。
ただしお値段は14,000円となかなかの高額なので、しっかりとお金を貯めて行くことをおすすめします(笑)
一番好きな寮や推しキャラクターのいる寮のローブを身に着けてパーク内を歩けば、推しをアピールできますね!

5 蛙チョコレート

蛙チョコレートは、原作第1作目から出てくるハリポタの中でも定番中の定番といえるお菓子です。
蛙チョコレートといえば、伝説の魔法使いたちのカードがおまけとしてついてきます。
ロンはこのカードを500人分集めたと言っていましたね。

もちろん、USJのお土産の蛙チョコレートにも、このカードは付属しています。
残念ながら原作ほどの種類はないようですが、数種類が時期によって入れ替わって登場するので、ハリポタファンなら全種類コンプリートしておきたいところです。

2 おわりに

ここまでいろいろなハリポタお土産を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
コロナ感染対策に気をつけながら、アトラクションもお土産も満喫していきましょう!

ABOUT ME
Akiko
気になるトレンドネタを配信しています♪