生活

今更聞けない「クラウドファンディング」徹底解剖!出資するならどれ?

皆さんは、「クラウドファンディング」をご存知ですか?
クラウドファンディングとは、一つの目的に向けての資金を集める方法です。

「なんとなくよく耳にするけど、今更聞けない…」という方向けにもわかりやすいように解説しながら、今出資するならコレ!というジャンルも選んでご紹介していきたいと思います。

クラウドファンディングの種類

まず、クラウドファンディングには出資やリターンの仕方にいくつかの種類があります。

1 購入型

最も一般的なクラウドファンディングのタイプがこの「購入型」です。
出資者はお金を出すことにより、出した額に応じて、主催者側が決めたリターンをもらえます。
このリターンは基本的に物品やサービスとして提供されます。

地方創生・地域応援的なクラウドファンディングに出資したら、その地元の名産品が送られてくる、というようなイメージです。

2 寄付型

寄付型は購入型とは異なり、出資者が受け取るリターンはありません。
しかし出資者に全くメリットがないわけではなく、税制優遇などを受けることができます。

「寄付」ということで、購入型のクラウドファンディングよりも社会貢献的な内容のものが多いです。
「自分にとってのリターン」というよりは、「社会全体にとってのリターン」を期待して出資するという感じでしょうか。

3 投資型

投資型は、クラウドファンディングというよりも正味資産運用に近いところがあります。
なぜかというと、出資額に応じたリターンを金銭で受け取るシステムだからです。
利用者は出資額を上回るリターンを得ることを期待して出資するため、いわゆる一般的な投資と変わらない性質を持っていますね。

主な専用サイト一覧

次は、実際のクラウドファンディングにはどんなサイトがあるかを見ていきます。

1 CAMPFIRE(キャンプファイア)

CAMPFIREは、クラウドファンディングをよく知らない方でも一度は耳にしたことのある名前なのではないでしょうか。
のん(能年玲奈)さんのCM出演などでも話題になりましたよね。

業界最大手レベルのクラウドファンディングサイトで、企業の大々的なプロジェクトから一人の個人が立ち上げたプロジェクトまで、ジャンルは多岐にわたっています。
とにかくプロジェクトの件数が多いので、何に出資しようか迷っている方も、何かしら自分の興味のあるプロジェクトが見つけられるでしょう。

2 Readyfor(レディーフォー)

ReadyforもCAMPFIREと同じく大規模で老舗のプラットフォームです。
社会貢献からコロナ禍の苦境にあえぐスポーツチームや芸術団体、伝統文化の存続など様々な種類のクラウドファンディングプロジェクトが立ち上げられています。

3 Makuake(マクアケ)

新しいモノ・体験」に関するクラウドファンディングが中心のMakuakeは、新商品や新サービスの開発にチャレンジする企業や個人が非常に多いことが特徴です。
プロジェクトも食や家電・雑貨などに集中していますね。

4 Readyfor Charity(レディーフォー チャリティー)

こちらは先ほど紹介したReadyforの寄付型クラウドファンディング版です。購入型と比べるとそもそもアップされているプロジェクトの数がかなり少ないですが、どれも社会にとって非常に重要なものであり、そのほとんどが達成率100%を超えています。

今オススメしたいクラウドファンディング

最後に、今オススメしたいクラウドファンディングのジャンルをご紹介して終わりにしたいと思います。
それはズバリ、コロナ禍の影響からお店・個人を救うタイプのプロジェクトです。

コロナの影響はすさまじく、皆さんが思う以上に経済に打撃を与えています。
苦境に立たされている人たちを救うことにより経済は活性化し、それが巡り巡って自分達にもいい影響を及ぼすはずです。

それだけではなく、資金調達を急ぐ方々は少しでも大きな額を調達したいため、リターンを奮発する傾向があります。
厳しい状況の人を支援することで自分も大きなリターンを得られるのは、Win-Winで嬉しいですよね!

是非上記のサイトなどからプロジェクトを探してみてください。

ABOUT ME
Akiko
気になるトレンドネタを配信しています♪