音楽

2020 可愛いルックスに半端ない歌唱力!今アツいバーチャルシンガー(VSinger)まとめ.現在までけん引し続ける歌手からこれから期待できる歌手まで発掘予想

2018年頃から絶えず盛り上がりを見せているバーチャルYouTuber(Vtuber)界。
その中でも一大ジャンルとなっているのが、バーチャルシンガー(Vシンガー)です。

Vtuberの中でも歌うことに重きを置いた彼女たちは、テレビに出てくる歌手顔負けの歌唱力や表現力を見せることもしばしば。
今回は、これからバズるであろうVシンガーの紹介を、これまでシーンを牽引してきたVシンガーのおさらいも含めてやっていきたいと思います。

Vシンガー界を引っ張ってきた先輩たち

ここまでバーチャル音楽シーンが盛り上がっているのは、今から挙げるようなバーチャル文化の黎明期から活躍してきたアーティストたちの存在が大きいです。
Vシンガーを一人も知らないという方は、是非彼女たちの歌声を一度聴いていってください。

①富士 葵(ふじ あおい)

富士葵さんは、Vtuber好きなら知らない人はいないくらい有名なVシンガーです。
透明感のある声がベースですが、芯が強く、サビなどでの力強い歌声には鳥肌が立ちます!
表現の幅にも定評があり、まさに聴く人を魅了する歌声ですね。
2017年から活動されていて、テレビ番組にも多数出演されています。

②YuNi(ゆに)

可愛らしさと色っぽさを兼ね備えた声で歌い上げるYuNiさん。
動画では歌っている姿も映っているのですが、とても可愛らしいですね。
2018年に活動を開始し、今ではYouTubeの登録者が30万人を超えている大人気Vシンガーです。

③花譜(かふ)

花譜さんは、柔らかいウィスパー風の声で独特の世界観を持っているシンガーです。
特徴としては、オリジナル曲にかなり力を入れているということです。
既存楽曲のカバーである「歌ってみた」も投稿されていますが、オリジナル曲の数もなんと20曲以上。
まさに「自分の表現を持っている」といったところでしょうか。

今大注目のVシンガー5組

そして、ここからが本題です。
上記の方々ほどの知名度やYouTubeのチャンネル登録者数はないですが、これからの活躍が期待できるVシンガーの方を厳選して紹介したいと思います。

①江戸 レナ(えど れな)

江戸時代からやってきた歌姫という設定の江戸レナさんは、大人っぽくアルトボイスがとても心地よいシンガーです。
「歌ってみた」投稿のほかにオリジナル楽曲をいくつか発表されており、「PRINCESTA」という曲では流暢な英語を交えたラップも披露しています。

②somunia(そむにあ)

somuniaさんは、癒し系ウィスパーボイスで聴いている人の心を安らげてくれます。
チャンネル登録者数は8万人ほどですが、「twinkle night feat.somunia – nyankobrq & yaca」では306万回再生を超える大ヒットとなっています。

③エルセとさめのぽき

女声ボーカルのエルセさんと、作詞・作曲・男声ボーカルを担当するさめのぽきさんの2人組のユニットです。
2人の声の相性が抜群に良く、そのハーモニーはずっと聴いていたくなります。
ちなみにさめのぽきさんは、その名の通り「サメ」のVtuberです。Vtuberとしては珍しいような気がしますね。

④ぴろぱる

4人目は、Vシンガー界ではまだまだ少ない男性シンガーのぴろぱるさんです。
まっすぐでエネルギッシュな歌声は、聴く人に元気を与えてくれますね。
本人は「歌う書家」を自称されており、歌ってみた動画の中には自身が書道パフォーマンスを行っている映像もあります。

⑤BOOGEY VOXX(ぶぎーぼっくす)

「生きてるみんな、生きてるか?」の掛け声で始まる、キョンシーのCi(シィ)さんとフランケンのFra(フラ)さんの2人組ユニット。
HIPHOPをメインのジャンルに据えて活動しています。
HIPHOPやラップをよく知らないという方でもこのパワフルさに痺れる方は多いのではないでしょうか。

おわりに

今回は紹介できませんでしたが、まだまだ素敵なVシンガーさんはYouTube上などにたくさんいらっしゃいます。
是非お気に入りのシンガーさんを見つけてみてください!

ABOUT ME
Akiko
気になるトレンドネタを配信しています♪